2014年04月03日

美梨(つなし)村・美梨口

さて。
2014040107.jpg
いちおう完成した「用瀬」

2014040106.jpg

2014040100.jpg

2014040101.jpg

ですが、

2014040105.jpg

2014040102.jpg

2014040104.jpg

2014040103.jpg

製作に要した日数は約1ヶ月半。
いよいよ次に挑みます。


次の「手習い品」の条件は

・用瀬より広いこと
・用瀬ではできなかった/やらなかった事をいろいろやる
 ・橋
 ・建造物(建物)をもっといっぱい
 ・山、緑
 ・農地
 ・高低差
 ・トンネル
 ・駅

こんなに色々てんこ盛りで
本当にできんの??

ということで、
第2作は思い切って大スペースを確保することに!

そのサイズはなんと
0403002.jpg

前回から一気の4倍!!
400ミリ×600ミリの大スペースです!!

広い、広すぎるー


4倍というと、
ドラクエで言うとドラクエ1とドラクエ3のROMが4倍なので
そんぐらいの差があります。

なんでもできる!!

なんてレベルじゃないです

こんな広い空間をどうしたらいいんだよ
って感じ。


しばらくは
0403001.jpg
この広大な用地を前に、

1週間ぐらい、どうしようか
ああでもない、こうでもないと考える日々が続きます。

実際の所、最終的にどうするか確定しないまま
作業に着手してしまい、
プランが確定するまでには1ヶ月以上を要することになります。


↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:用瀬 美梨村
posted by 七月年幡 at 13:35| Comment(0) | シーナリー02 美梨村

2014年03月26日

美梨口 最新のようす

年度末で忙しいのと
手が遅いのとで、
いまブログに書いている工程は
だいたい今年の2月の1週目ごろの様子です。

1ヶ月半遅れですね。


で、実は2月2週目頃からは次の作品

手習い品 その2 美梨口(美梨村)

をやっています。

もうかれこれ1ヶ月半近くになりますが、
進捗状況はどうかなあ

いまこんな感じです

図工2のくせに塗装してみた
0317024.jpg
図工2のくせに立体物を作ってみたり、
図工2のくせに塗装をしてみたりしています。


図工2のくせに眺めてみた
0317025.jpg

何をやっても生まれて初めてなので
全然わからず手探りです。

「そうそう、いいよいいよ」
とか
「ちょっとこうした方がいいかな」
とか
言ってくれる人がいないので
自分が今やっている作業が正しい方向に進んでいるのか、
それともハイウェイ・トゥ・ヘルなのか
サッパリわからない、というのが悩みですねー


まあ図工2なので、
たいがいのことは 
悪い方向に進んでいると思って間違いないのですけども!


↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:美梨村
posted by 七月年幡 at 16:51| Comment(0) | シーナリー02 美梨村

2014年02月24日

シーナリー02 美梨村のこと

現在、鋭意作成中なのが、この
<シーナリー02 美梨村>です。
24003.jpg
美梨村と書いて「つなしむら」と読みます。


美梨村は、山陰地方のT県の山奥にあります。
24004.jpg

24005.jpg

24006.jpg

24007.jpg


これは私の「手習い編」第2作目でして、
第1作目でやらなかったこと、できなかったことを中心に
練習してみようという意図で作っています。

サイズは、な、なんと前作の4倍
24003.jpg


前作が150ミリ×400ミリの本棚サイズだったので、
今回は600ミリ×400ミリの特大サイズ。

広い!

なんでもできちゃう!
24002.jpg


とはいえ、一般的なNゲージのレイアウトからすると
24001.jpg
まだまだ小さいレベル。

畳と比べるとこんなに小さい。


今回の主なこだわりは建物。
24017.jpg


つくる!
24009.jpg

24008.jpg

24010.jpg


つくる!!
24012.jpg

24013.jpg


つくる!!!
24014.jpg

24015.jpg

24016.jpg


24011.jpg


フリー百科事典 Wikipediaより

旧美梨村(現在はT県T市に吸収)は、
鎌倉時代や室町時代の古い記録では「やつなし(八ツ無)」と
呼ばれていたようです。

古老の話によると、
この里はあまりにも山深いところにあったため、
里へ通じる道も無く(「道無し」)、
訪れる人も無く(「客無し」)、
したがって宿もなく(「宿無し」)、
耕作に適した土地もなく(「田無し」)、
したがって財もなく(「蔵無し」)、…
ということから“八ツ無しの村”と呼ばれていたとか。
(横溝正史の『八つ墓村』の命名のモデルになったとされています。)


西日本の各地に散在する「落ち武者の里」が
ルーツだろうと考えられていますが、
戦国期には、
因幡・伯耆で勢力をふるった尼子氏の末臣の中に
この村の出自と思われる武士の名も残されています。


村の伝承によれば、
江戸時代のなかごろから、
この村の特産品である梨が毎年、鳥取藩主に献上されており、
一部は江戸へ献上されて珍重されたといいます。


明治期に入ると、
梨の生産が飛躍的に成長し、
鉄道の開業によって全国的に販路を拡大することに成功しました。


はっきりとした記録はありませんが、
江戸期か遅くとも明治の初め頃から、
村の名前は「つなし」と呼ばれるようになり、
「美梨」の字が当てられるようになりました。


現在は高齢化・過疎化がすすみ、
農林業の後継者問題、耕作放棄地や無医村問題など、
典型的な過疎地の難題に直面しています。


↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:美梨村
posted by 七月年幡 at 12:01| Comment(0) | シーナリー02 美梨村