2014年06月03日

鹿野邸製作(6)母屋(2)

さて、鹿野邸は今回のシーナリーで中心的なブツになるのですが、
既成品の「農家C2」を切ったり貼ったりして、

建物の外壁ライン(形状)はこんな感じに変化することになります。
0603-1-0000.jpg

具体的にはこんな感じで
0603-1-0022.jpg
0603-1-0023.jpg

凸状に増築してくっつけたりします。

まあ、平面上の増築はどうということはないのですが、
問題は屋根。

屋根には色々ありまして
64.gif
切妻はチョロいし、
寄棟もよく考えて屋根伏図を書けばどうとうことはないんですが、
問題は入母屋です。


正直、私は入母屋の屋根の建物をやったことがないので、
一体どういう構成になってるのかもよくわからない。

ということで、
まずは作ってみました。
0603-1-0001.jpg

ふむふむ
0603-1-0002.jpg
こうなっているのか

紙工作なので、多少無理やりくっつけても紙が曲がってくれるので
割となんとでもなります。
0603-1-0004.jpg

裏はガチガチに補強しました。
0603-1-0003.jpg

ただ、ひとつわかったこととして、
屋根を平面に分割したとして、
同じ平面でも「角度」いろいろありうるということです。
0603-1-0005.jpg

なんか理系の人にも相談して、

建物の間口や奥行き、それから屋根の軒高なんかの数値を基に、
屋根の形状を計算式で求められるんじゃないかと思ったんですが、
サインとかコサインとか、もしくはなんかそういう、
中学卒業程度の数学では不可能な計算が必要らしく、
絶望の果てに魔女になってしまいそうになったので諦めました。
試行錯誤でいいじゃないのさ


ということで
既成品との比較
0603-1-0006.jpg

0603-1-0007.jpg
うんうんいけるいける

ちょっとディテールを追加してみたり
0603-1-0008.jpg

0603-1-0009.jpg
すれば、なんか誤魔化し切れるんじゃないか、
そう思いました。(図工2脳)


ということで、増築部分に架ける屋根の作成に入ります。
0603-1-0010.jpg
まずは主要なパーツを切り出し

次に軒瓦部分を切り出します。
軒瓦部分は、角度とかのアレが難儀なので、
一度厚紙でいろいろ試し、ピタリと来るものを型紙にして屋根パーツを切り出します。
0603-1-0011.jpg

あとはもう、
ヤスリを掛けたりとか色々と現場合わせで調整。
0603-1-0012.jpg

ということでこんな感じに。
0603-1-0013.jpg

あとは、「冠瓦ふうの何か」を、バルサ材を切り出して作ります。
0603-1-0014.jpg

さらに鬼瓦とかもプラ板や木の棒から削りだし、
0603-1-0020.jpg

0603-1-0018.jpg

乗っけます
0603-1-0016.jpg

0603-1-0017.jpg

全部くっつけるとこんな感じ
0603-1-0019.jpg
なんか「ドズル専用ザク」みたいな趣に。

いやーでも、なんかこれアリだよね?
アリでしょ?
許容範囲内だよね??

既成品との比較
0603-1-0021.jpg

うんうんういけるいける!


「入母屋屋根のモデルづくり」
から
「うんうんいけるいける」
まで5日ほどかかりました。



↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
posted by 七月年幡 at 14:05| Comment(0) | シーナリー02 美梨村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: