2014年04月07日

美梨口・プランニング

さて、
「手習い第2作・美梨口」のために私が用意したのは
600×400の平面空間です。
040701.jpg
平面で空間っつうのはおかしいか。


なぜこの寸法なのかというと、
カットせずに手軽に買える板の寸法で一番大きかったのがこれだから、
ってだけで、大した理由はないです。
要はたまたまです。

前回書いたように、これでも前回の4倍!

すっごく広がったようにも思えますし、

こうすると
040702.jpg
ちょっと一回りひろがっただけ、
という感じもします。

私はここから、プラン決定まで1ヶ月ぐらい悩むわけですが、
しかしこのサイズ、
畳と比べるとこんなもん
040703.jpg
でしかないんですよねー

よく、1800*900のレイアウトとか作っている方を拝見しますが、
スゲーと思います。

えーと、今回のやつの、さらに6〜7倍?

ムリムリ

完成に何年コースになっちゃいます><



さて、プランがかたまらないまま
作業に入ってしまいます。
まずは土台作り。

バーン
040704.jpg

バーン
040705.jpg

と縦横に足を打ち付けただけで
040706.jpg
既にミリ単位の誤差。
これが図工2の底力だ!

できあがった(?)板の上に紙を敷きます。
040707.jpg
敷くっつったって
A4の紙をつなげただけなので、
040708.jpg
ちょっと寸足らずです。

でも気にしない!図工2だから!


ここにフンフンフフンと適当に並べてみます。
040709.jpg

今回のテーマは
・川
・高低差
・橋
・建物
なので、こんな感じかなあ

040710.jpg



頭の上や紙の上で考えていた間は、
040711.jpg
おいおい600*400ってすごい広いんだけど
どうするんだ?

って思ったんですが、実際に置いてみるとそうでもないです。
レールとかちょっぴりしか置けないし、
川や橋を置くことを考えると、駅とかムリ、全然ムリ

せいぜい汽車1両分のホームだけちょっと置くとか
そんなレベル。駅じゃなくて「乗り降り場」。

これも結局、
実際に走らせると5秒ぐらいで通り過ぎちゃいそうなぐらいしか
線路は引けないです。

それでも川の勾配を検討してみたり
040712.jpg

道路まわりの細かいレイアウトを検討してみたり
040713.jpg


こんな感じ
040714.jpg

右上の空白地帯が「駅」になるだろうところなんですが
どうなるのかよくわかりません!

わからない理由は、駅の寸法がわからない!



↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:計画 美梨村
posted by 七月年幡 at 16:10| Comment(0) | シーナリー02 美梨村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: