2014年04月02日

用瀬 小物工事3(もうゴールしてもいいよね?私、がんばったよね?)

4月に入ってしまったので、用瀬編は今回で最終回です。

微妙にスペースが余っていたので
草のままだと根室の牧草地みたいなので、
根室にはないものを、ということで

掘削し
0328002.jpg

土にしました。
0328003.jpg

0328004.jpg
ドロっぽくなったと思います。

そこへ木工用ボンドをドバドバ投下
0328005.jpg


麻紐を解いて
あらかじめ染色しておいたものを
0328006.jpg


ピンセットで植えていきます。
0328007.jpg

アートネイチャーみたいな気分になってきました
0328008.jpg

これでもうボーボーです。
0328009.jpg


2,3日ほどで乾燥し、
0328011.jpg
田んぼになりました!
0328012.jpg
さわると歯ブラシの硬みたいに剛毛ザラザラです。



・・・が、ちょっと失敗。

「真夏の鳥取」なんだから、
田んぼはこんな青々としてなくて、
もっとこう、もうすぐ収穫の秋って感じの色なんです。

8月に青々した田んぼなんて北海道ですよねー

四国なんか行ったらもう次の田植え終わってるレベルですよ


ということで
0328013.jpg
黄色くすることにしました


0328014.jpg
が、いまいちうまく染色できませんでした。
最初から黄色く染色しておかないとダメですね。
反省。

line001.jpg



さてさて。
もうほとんど完成、っていうか、
だいたい初の製作としてはやり尽くしたというか、
これ以上何かするよりも、新しいのを作りたくなってきました。

そこで、
「鳥取っぽくする」をもう1工程加えてゴールしたいと思います。


用意するのはエクセルさん。

0328001.jpg

こんな感じで、画像を作ります。

エクセルでもワードでも似たような事は出来るんですが、
私はエクセル派です。

最近のエクセルは画像加工処理もかなり進んでいて
ちょっとしたフォトショップ並にいろいろできます。

が、今回はそんなクソ面倒なことはしません。
ほとんど文字だけです。

これを小さく、シール系のプリント用紙に印刷して

電柱の巻き看!
0328016.jpg

白バラ牛乳!これはもうどこからどうみても鳥取!


このてのプリントして○○は、
やっている方も多いと思いますが、
知らない人は知らないと思うので1つだけ言っておくと、

既存の画像(写真やネットで拾った画像)を
小さく印刷すると、グチャグチャで何が何だかわからなくなります。

しかし、エクセルやワードで新たに「作った」図形や「書いた」文字は、
かなり小さくでもキレイに印刷されます。

これはまあPCに詳しい方であれば説明する必要もないのですが、
要するにそういうもんだということです。

Nゲージの模型で使うサイズとなると、
「巨大なポスター」でも1辺が3ミリとかの世界なので、
1文字が1ミリの何分の1かぐらいになります。
これを「画像」で用意すると、
印刷してもぼやーっとしているだけですが、
エクセル上で新たに作った図形や文字はキレイに印刷されてきます。


というわけでこんな感じで
0328015.jpg
あちこちにぺたぺた。

建物にも
0328017.jpg

なんだかよくわからないボロボロの工作物にも
0328019.jpg

電柱広告にも
0328018.jpg

これはもとが画像なので小さくするとボヤーッとなって全く読めないですね


そのほか、釣り人を一人追加。
0328010.jpg

こんなもんかなー


だいたいいい感じな気がしてきたので、


0328020.jpg
手前側に適当に切った板を貼り、
水色(マーチや階段と同じ色)を塗って木目を出しました。

サイズは本棚サイズなので、
ちょっとした車両展示台として置いてあります。




↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
posted by 七月年幡 at 13:33| Comment(2) | シーナリー01 用瀬
この記事へのコメント
凄いですね。もう芸術品です。
図工2の方が本当に作成されたとは思えないです。ほんとうは図工5だったのではww
ヤフオクに出品したら高額で売れるのでは
自分も現在作成しているレイアウトが完成したらリアルなモジュールレイアウトを作成しようかな?
ただやる気スイッチが入らない・・・
というか、ズボラーにはやる気スイッチは付いてないかもしれません。
Posted by 腹の上がぽにょ at 2014年04月04日 12:44
いやいや、図工2ですし、
これ芸術品じゃないですw

図工2が図工2であるゆえんを
紹介するとですね、
一番下の本棚に収まってる写真、
手前の化粧板の右側のほうだけ、
木目がない白い帯状の部分がありますよね、

あれ、
取り付けてる最中に一回バリッて
割っちゃったのを
あー、もうめんどくせー、
いいやくっつけちゃえ、って
ボンドでくっつけた後の
ボンドが乾いた部分なんですw


図工が高い人というのは、
たぶん一つ一つの仕事が丁寧だったり、
精度が高かったりするんでしょうけど、
私の場合はミリ単位の誤差を
ボンドで無理やりくっつけて見なかったことにするので
そこらへんが2止まりなんですよねー…
Posted by 七月年幡 at 2014年04月07日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: