2014年03月22日

小物工事(1)小物を置く!

さて、いろいろな工事と平行して施工してきたのですが、
道路まわりや線路まわりには
いくつかの小物を設けました。

たとえば道路には
0317001.jpg
ガードレールを。

市販品を植えただけですが、
これ
0317003.jpg
を使ってサビの表現をしてみました。

うーん
0317002.jpg
もっと大胆にガッツリ錆錆にしても良かったかなあ。

でも私の「印象」では、
ボロボロに錆びたガードレールのある崖っぷちって四国のアイコンなんですよねー


同じように道路まわりには標識類を幾つか設置。
0317009.jpg
これはカーブミラーです。

線路には踏切や、
0317004.jpg
いくつか標識類をつけたのですが
0317008.jpg
これが案外、汽車を走らせると抵触するんですよね。

結果的に、私のイメージよりずいぶん離れた場所に
植えることになりました。

最初に書いたように、
私は鉄オタとしてはビギナーレベルなので、
哩程標や勾配の標識はわかるのですが、それ以外はサッパリ。

結局、この2つと、
「もうすぐ駅だよ」標識と、
「警笛ならせ」標識を設置しました。

警笛の方は、遮断機のない踏切の手前に立てたんですけども、
まあこれだと実際には
標識を認識して警笛ボタンを押した頃にはもう踏み切りすぎてるぜ
みたいな位置だろうなあ・・・

それから電柱も植えてみました。

これは「現代」縛りからは逸脱しちゃうんですが、
昔の「木の電信柱」ということで
市販品を使いました。
0317007.jpg
ただ、私のイメージの木の電信柱は、もっと黒い
(コールタールで手がベトベトになる)
気がしたので、黒く塗ったのですが、
0317005.jpg
これでもちょっと黒不足。

○プラ棒を使って
引き込み用の私設柱もつけてみました。
0317006.jpg

このとき、分岐元の電柱に、
トラワイヤー的な斜めの支柱を付けたかったんですが、
精密作業スキル的にムリで断念しました・・・


電線のフリして細い黒い針金をわたしてみましたが、
グニャグニャになっていい形でビシッと収めることができず。
これもスキル不足かなあ。

電信柱への針金の固定も、
適当にグルグルするだけなので、
まあ色々と残念な感じになってしまいました・・・

しかし、これらの標識やガードレールの設置の結果、
急に全体のスケール感がはっきり形になってきたというか、
それまではどうにも茫漠とした感じで
スケール感がいまいちつかめなかったものが、
かなりハッキリと広さがわかるようになりました。


おまけ
適当に切ったプラ板に
適当に切ったスチレンの切れ端をくっつけ・・・
0317010.jpg

適当に色を塗り
0317011.jpg

適当に棒状のスチレンの切れ端を追加したのですが


スチレンは塗装か接着剤のいずれかに敗れて
ボロボロに溶けてしまったのですが
0317012.jpg

問答無用でこれを
0317013.jpg

敷地に置いてみました、
0317014.jpg

道路から敷地へ、用水路をまたぐ橋、
って感じです。
0317015.jpg


↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:小物 用瀬
posted by 七月年幡 at 16:27| Comment(0) | シーナリー01 用瀬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: