2014年02月18日

Nゲージってなにさ?(2)

さて、150分の1の世界を再現するということは、
こういうことになる。


どこにでもある普通の8畳間の寸法はこう。

021801.jpg

いちおう私は前職が「住宅建築関係」なので
住宅建築関係についてはシロウトではない。

法規制や構造なんかも知っている。

実際には、寸法を柱芯で設計するか、壁芯で設計するかとか、
工法とかいろんな理由で「一畳のサイズ」は古来から不定なんだけど、
まあ大雑把にこんな感じと思ってもらおう。


仮にこの8畳間をフルで
鉄道模型のためだけにやりたい放題できるとして、

どれぐらいの世界が再現できるかというと、
こうなる

021802.jpg

これだけ。これで全部。

わずか500メートル四方の世界しかできない。

狭っ



Nゲージのジオラマに競馬場をつくろうかと思ったけど、
これじゃあ最後の直線もままならないね。


私のイメージとして、
「往年の北海道の姿」をNゲージで再現したい、
ってのがあったんだけども、

北海道の鉄道のイメージって言うと、
要するに 見渡すかぎりの平原の中をぽつんと1両で進むとこ
とか、  見渡すかぎりの雪原の中をぽつんと1両で進むとこ
とか、  見渡すかぎりの樹海の中を長編成の急行が蛇行していくとこ
とか、
要するに壮大さや雄大さや、
「ほかになんにもない」感をアピールしたくなるんだけど、

マジでやろうとするとこんな感じになる
021803.jpg

こんな感じのを再現するためには

021804b.jpg
こんだけ(約18畳使ってせんろ1本だけ)

の広さが居室が必要になる。

だが現在の日本で、
自宅に18畳の居室を持つ人は少ないだろうし、
そこを鉄道模型のためだけに好き放題できるという人も
まあいないだろう。


現実的にはこんなもんではないか

021805.jpg
1畳ぶんぐらいのスペースを鉄道模型の用に供することができる


これでも、日本の住宅事情では、
常設できるという人は一握りだろう。

ふつうはこれを出し入れして片付けたりすることになるだろう。

つってもこんなものどこにどうやって片付けんのさ!

ってパターンのほうが多いだろうねー




今回、私が最初につくる「習作」は
このサイズ。

021806.jpg

40センチ×15センチのスペースだ。

1畳スペースから見ると ちっさ!

って感じだし、これで何ができんの?

って思うかもしれんけど、

これでも私にとっては人生初のNゲージのジオラマ作成である。



これから徐々に書いていくけども、
この40センチ×15センチの世界(約600平方センチメートル)の創造に、
私は90日を要した。

表面積ベースでは、地球の約1670万ぶんの1ぐらいの広さなので、
このペースで行くと私は天地創造に約15億日(約410万年)かかるだろう。
それも、休日なしでだ。


(追補)実際に掛かった日数は、一ヶ月半なので45日でした。
なぜか 一ヶ月半=90日と脳内変換してしまいました。

これだけでも私が理系ではないことが実証できたように思います。

なお、このけっか、私による天地創造に要する年数は約200万年に短縮されます。

↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:導入編
posted by 七月年幡 at 15:42| Comment(2) | 概要
この記事へのコメント
はじめまして
 8畳の部屋でも札幌駅を作れるくらいなんですね。
 東京駅とか新宿駅だと12畳くらい必要になるのでしょうかね?
 私は強敵(妻)との力関係で1畳サイズしかスペース確保できないので、8畳の広さを使えるなんて夢のような感覚でしたが、8畳ってそんなレベルなんですね。
 思いっきり楽しむためにはやはり宝くじで8億円当てるしかないですね。
 とても面白く拝読させて頂きました。今後も楽しみにしています。
Posted by 腹の上がぽにょ at 2014年02月20日 22:04
はじめまして、
当ブログの初コメントありがとうございます!

よろしくお願いします。

いやぁ、
私も、もし8畳もあったら
どんだけ好き放題に世界を支配できるんだろうと
北海道の雪景色から沖縄のサンゴ礁まで
やりたい放題ではないか、

そう思って試算してみたらこんなことに…


こう考えると、事前にレイアウトを
あれこれ検討したりするのって
重要なステップですねー…
Posted by 七月年幡 at 2014年02月21日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: