2014年02月28日

道幅とわたし

0228908.jpg

最初に、私は、
自分は鉄オタじゃないので
車両や編成のディテールは気にならない
というようなことをかいたわけですが、


私は建築関係の仕事をしていたので、
そういう目でジオラマをみています。

建築に関するディテールは気になってしまいます。


たとえば、
私は うっかり 「サハ」しかない組み合わせでスーパーあずさを編成しても
別に気にならないですし、

169系と115系を見分けることはできないでしょう。


しかし、
ジオラマに置いてある家の向きとか、
屋根の形状とか、
建物の配置とかが、
建築基準法に合ってないとすごく気になります!
(主に2階建ての斜線制限なんですけども)


結論を言えば

まあいいじゃん模型なんだし

ってことでFAなんですけどもね。



多くの鉄道模型ファンの方にとっては、
鉄道→ストラクチャー(建物)
って感じだと思うので、
別に建物の細部に法的な整合性なんて求めないし、
それより車両のディテールが実車と違うとか、
そういう部分に関心があるのでしょうし、
それはそれで当然です。


建物は雰囲気でればいーんだよ!

って感じでしょう。

わたしの場合は それがたまたま逆で、

車両は雰囲気でればOK
でも
建物とかの細部に目が行ってしまうんですよねー

line001.jpg

まあ、ごたくはそのぐらいにしておいて、


ひょっとしたら1億人に1人ぐらい、
鉄道模型のレイアウトで、
建物の配置なんかにも建築基準法的なリアルさを求めたい!

という方がいるかもしれないので、
このブログではそういうことも
サラーっと触れていきたいと思います。


サラーっと、というのは、
建築基準法というのはものすごく細かいし、
細部は各自治体がそれぞれ独自で決めるようになっていて、
全国共通じゃないです。
東京で言えば23区で区ごとに違うこともあります。

なのであまり微細な話をしてもしかたがないので、
大雑把な話だけに留めます。


line001.jpg


今回は、
わたしが大失敗した道路の話なんですが、

道路というのは建築の基本中の基本になります。

その土地にどんな建物をどのように建てられるか、
それは道路によって決まる部分が非常に大きいです。

なので、建築の仕事をする人は、
まずは目的の土地に関する道路について、
テッテ的に調べます。



ということで、私は、

「ジオラマで道路を精密に作りこめば、
 つまり、マンホールとか側溝とか
 歩道とか路側帯とかを緻密につくれば
 リアルでかっこいいジオラマになるんじゃね」

みたいに甘く考えていました。


その結果がこれなんですけどねw
022816.jpg
 

line001.jpg

「道路」というのは一般的に使われることばなので、
話がゴチャゴチャになってしまいがちなんですが、
建築をする上で考えると、
「道路」にはいくつかの定義があります。

・建築基準法でいうところの「道路」
・都市計画法でいうところの「道路」
・そのほか道路行政に影響のある道路的なもの
・主に民民(個人間)で影響がある道路的なもの

細かい話はそのうちするかもしれませんが、

ジオラマをつくる上で重要になってくるのは、
「道路の幅をどれぐらいにするか」でしょう。

じゃあ、「道路の幅」というのは
どこからどこまでのことを言うでしょう。



模型的にみると、「道路」ってこんな感じでしょうかね。
0228101.jpg


実際は「道路」の幅の中には、こんなものが含まれるのが一般的です。
0228102.jpg

「一般的に」と書いてますけども、
これはまあ一つの典型でして、
こうじゃない場合も結構あります。

まあ、上の例は、6割ぐらいこんな感じ、
程度のイメージにすぎません。

田んぼや用水路が多い地域に行けば全然違うし、
東京の世田谷とかの住宅密集地だとまた全然違うし、
私道が多い地域でも全然違うし、
まあとにかく全然こうじゃない場所も、相当あるでしょう。


だからこそ
建築で仕事をする人は、必ず毎回、
目的の土地の周りの道路をきちんと調べるわけです。

 話が逸れますが、
 私が経験したことがあるケースで、
 こういう土地で
 0228907.jpg
 役所で調べたら
 「この土地は道路に面していないので
  家を建てることはできません」
 と言われたことがあります。
 3方の道路とも、ぜんぶ舗装されて、車が通り、
 どの道路からも敷地に車で入れて、
 道路のしたには水道管やガス管が通っているんですよ!

 まあ要するに、
 実際にはケーズバイケースだということが言いたいのですが、
 
 それでもまあ一般的な普通のケースを想定すると
 こんな感じだということです。
0228102.jpg



細かい話はまたいずれしますが、

基本的に、日本のどこへ行っても、
道幅が4.0メートルより狭い場合、
建物を建てることができません。

この「道幅」には上の図のように、
歩道や側溝を含んだりするので、
「車が通るスペース」が4.0メートルという意味ではありません。


これは「建築基準法」に定められていて、
道路と建物に関するいちばん基本的な規制です。

したがって、
4.0メートル 
=Nゲージの1/150でいうと2.67センチ
より狭い道路に面して建物を設置すると、
それは間違いということになります。

ただし
これには死ぬほどいろいろ例外がありまして、
そのうち一番代表的なものをあげると、

建築基準法が制定される前から建物が立っていた場合はOK

です。

建築基準法は昭和25年にできました。
なので、それより古い建物を表現する場合には、
これは気にしなくてもOKです。

逆に、最近の建物を表現する場合には
絶対に気にしなくてはいけません。

それより古い時代は、「尺貫法」が普及していました。
今の方には馴染みがないと思いますが、
(私も仕事をするようになって覚えました)

要するに、
3尺=90センチ=家の廊下の幅(半間…はんげん)
6尺=180センチ=押入れの幅(1間…いっけん)

と思えばだいたいあっています。

昔の人の基準では、
3尺=90センチあれば人が無理なく通れる
6尺=180センチあれば、騎馬武者が無理なく通れる
9尺=270センチあれば、騎馬武者が並んで通れる
という感じでした。

したがって
山野のけもの道で3尺=0.9メートル 1/150では6ミリ
古い「路地」は、6尺=1.8メートル 1/150では12ミリ
家が並ぶような道は9尺=2.7メートル 1/150では18ミリ
商家が並ぶような街道は12尺=3.6メートル 1/150では24ミリ

ってな感じでしょう。


実際の町並みは、
家が建て替わるたびにその家の前の道路が拡幅され、
年月を経て狭い道が広くなっていっています。

新興住宅街では
最初から6メートルぐらいの道路が整備されていますが、
23区とかの古い住宅地では
今も4メートルに満たない道がいっぱいあります。

line001.jpg

というわけで私がレイアウト計画を建てるときのメモ
0228908.jpg

「4.0メートル」の道路 2.67センチ
だとこんな感じ
0228909.jpg

いちおう大型車は通れるし、
理論上はコンパクトカーのすれ違いだって可能!

ただし、4.0メートルと4.0メートルの道路の交差点は
大型車は曲がれません
0228910.jpg

コンパクトカーなら曲がれますが、
普通車は厳しいです。
0228911.jpg

実際には、交差点にはたいてい標識とかがあって、
有効寸法がもっと狭くなるので、
まあ曲がれません。

なので、4.0メートル道路の交差点は
斜めに隅切りしてあることが多いです。


6.0メートル道路になるとこんな感じ
0228912.jpg
理論上、大型車の行き違いも可能です

まあ実際はムリですけどねw


8.0メートルになるとこんな感じ
0228913.jpg
大型車が行き違った上に、
歩道を設けることもできちゃう

しかし8.0メートルを表現するためには5.3センチの幅が必要で、
鉄道模型のレイアウトを作る人にとっては、
その幅はちょっとスペース取り過ぎ
と感じることが多いんじゃないでしょうかねえ…。

line001.jpg

4メートルの道というのは、
実際相当狭いです。

0228103.jpg
運転者が安心してすれ違える道幅は、
10メートルを超えるぐらいからです。
すれ違う時も対向車が完全に視界に収まります。

4メートルだと、
0228104.jpg
自分の車の足元が確認できないので、
視線より低い高さで何かが起きても確認できません。
不安です。

同じ4メートルでも
0228105.jpg
橋の欄干やガードレールがあると
印象は結構違います。

四国とかによくあるこういう橋
0228109.jpg
これなんか、
実際の寸法では理論上、軽自動車がすれ違えるぐらいの道幅があるんですが、

実際に走るとすげーこえーです。

こうなると
0228111.jpg
0228110.jpg
怖くて渡れないレベルです。


なので、道路は4メートル(1/150では2.67センチ)以上
というのは、一つの最低基準ということになり、
これ未満だと「ウソ」ということになります。


ただし、
レイアウト的に道路幅を2.67センチで
作ったら見映えがいいかとか、
それはまた別問題ですよ!


たとえばですね、
京浜東北線の東神奈川のあたり
0228106.jpg
(横浜市は道路関係の図面がネットで見れるようになってます)

国道1号線の道幅は約24メートルです。
片側2車線、歩道も含めた道幅です。

現地はこんな感じ。
0228107.jpg

上の図面ではちょっと切れちゃいましたが、
ここに県道(片側1車線)がぶつかる交差点があります。

この交差点を
「正確に、忠実に」再現しようとすると、
こんな羽目に・・・
0228108.jpg
600×900のレイアウトの大半が交差点で埋まってしまいます。

これだと鉄道模型と言うより「道路模型」になってしまうので、
まあ、
道路の再現を実物に忠実にやるのはホドホドに、
適度にデフォルメするのが肝要だね、
ということになりました!


line001.jpg

今は毎日の作業は
<手習い02 美梨村>やってます。

昨日はこういうのを作りました。
0228901.jpg
茶室です。

名物は掛け軸だけですけどね。
0228902.jpg


茶人のミニチュア人形がほしい・・・
0228903.jpg

肘掛窓から眺めるとこんな感じ
0228904.jpg

ピンぼけしちゃいましたが
0228906.jpg

天井もあります
0228905.jpg

ちょっと楽しい。



用瀬のまとめが終わったら
美梨村を書こうと思ってます。


↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
タグ:道路 和室
posted by 七月年幡 at 16:30| Comment(4) | 建築について

X01用瀬 勾配とわたし

なんか、踏切周りに
みるからにやばい勾配が出現しました。
022812.jpg

これは想定外

以前、建築関係の仕事をしていたのですが、
そのときに頻繁に問題になったのは、

・住宅の駐車場の勾配
 (どのぐらいの勾配までなら車を停めてもだいじょぶか)

・道路から敷地へ入る際の勾配
 (どのぐらいの勾配までならお腹をこすらないか)

なんですが…

どうみてもその数倍か、10倍以上の急勾配w

勾配というより、「ありえない崖」みたいになってます。


勾配というのは絵だけだと案外よくわからないので
ピンと来ない方も多いと思いますが、

一般に勾配というのはこんな感じで
022815.jpg
「%」で表します。

 鉄道の場合は―
 
  鉄道好きの方には常識レベルですが、
  わたしの知り合いには鉄分多い人が少ないので…

 「‰」(パーミル)で表します。
 1000メートル進む間に何メートル進むかで、
 1000メートル進む間に5メートル登ると「5‰(パーミル)」になります。

 30パーミルともなるとかなり急勾配という感じだそうです。
 30パーミル=3%の勾配ということで、
 角度で言うと1.7度です。
 ちなみにこの角度だと、もう駐車場としてはNGです。


スキーなんかやる人だと、
「角度」で勾配を把握すると思うんですが、
普通のスキー場では「一番厳しいコース」、通称「壁」と言われる斜面で
30度ぐらいですよね。

30度って言うと三角定規の一番ゆるい角度なので、
あれをイメージすると、
全然弱い坂なんですが、
実際に30度の坂の上から見下ろすとまさに「崖」に見えます。


たとえば、鳥取で有名なこれ
022813.jpg
(鳥取の新名所・通称ベタ踏み橋)

これで5〜6%。
(角度で言うと3度ぐらいです)


日本の法令では、
022814.jpg
道路にゆるされている最強壁で12%(約6.8度)。


さて、これに対して、
今回わたしが予定している踏切付近の勾配は約99%

1メートル進む間に1メートル登る、
要するに約45度です。

こんなかんじになる
022816.jpg


完全に一致
022817.jpg

line001.jpg


まあ、いろいろ考えたのですが、

これはどうしょうもないという結論に達しました。
なにしろ敷地のY方向の寸法が150ミリしかないので、

勾配を緩やかにしようにもその土地がないのです。

結局、踏切の先の崖勾配がある道路は、

「道路っていうか、みち」

ということで未舗装の道?として表現することにしました。

まあ、田舎にはこういうのあるよね的な甘えです。

しかしそれでも、
この踏切の影響は大きく、

私の構想段階でのイメージ 片側1車線の国道
022819.jpg


現実に施工した場合の寸法 なんとか通れる道路
022820.jpg
の間には、
かなりの乖離が生じることになりました。

まあ公共工事ではよくあるレベル


その結果、
踏切はこんな感じに、
0228006.jpg

道路はこんな感じに。
0228007.jpg




↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
posted by 七月年幡 at 14:39| Comment(0) | シーナリー01 用瀬

X01用瀬 基本的な失敗のこと



本棚に収まる寸法ということで、
150×400の寸法にしたわけですが、

「天壌線」に比べると、幅が倍ぐらいになったので、

『なんだってできる!』感がすごいです。

022701.jpg
こんなイメージで、
ゆったりとしたカーブを作ることにしました。


line001.jpg


なにしろ写真がないのですが、

まず土台を作成
022801.jpg
これで150×400の世界の実感が登場します。
「でかっ!」

こんな広いスペースをどうするんだろう、
というのがその時の気持ち。


この上にスタイロフォームを何段か重ね、
022802.jpg

一番上の面にはベニヤ板を接着しました。
この一番上のベニヤは、
道路や線路を設置する際の直接の土台として、
水平が出やすいようにということで設置したのですが



……。

………。

よく朝になると、見事にベニヤが反っていました。

なので、一旦剥がし、
接着剤+でかい輪ゴムでがっつり固定してやりなおしです。


line001.jpg


基本的な地盤が出来上がったら、
削って斜面を作ります。
022803.jpg


川になる部分には、
厚さ5ミリのスチレンボードを貼り、
川岸の地形をつくろう、と思ったのですが…
022804.jpg


翌朝みると、
スチレンボードは接着剤に溶かされて
縁が完全に溶け落ちていました。
022805.jpg


あっ、いや、でもこれはこれでいいんじゃね?
022806.jpg

なんか川岸の窪みで、
カワウソとかビーバーとか棲んでいそうだし
022807.jpg

ということで、
この穴はそのまま活かすことにしました。


しかしこのあと、もっととんでもない問題が!

line001.jpg


土地の使い方としては、こんなイメージです。
022808.jpg

斜面を作った後、
天端の水平をだす意味でベニヤ板をはります。
022809.jpg
このベニヤが、道路や線路の「路盤」として機能するようにします。


しかし!

線路を置いてみるとこうなるわけですが
022810.jpg

線路にはいろいろな要素があって
022811.jpg


なんかこうなっちゃいます
022812.jpg



↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:道路 計画 用瀬
posted by 七月年幡 at 13:47| Comment(0) | シーナリー01 用瀬

X01 手習い品01について

さて、
<手習い品1 用瀬>について書きたいと思います。

この作品を作る過程のうち、
当初から4分の3ぐらいまでの部分を収めた写真を収めたハードディスクが
うんともすんとも言いません。

なので、写真がないまま進めます。

line001.jpg


これが<手習い品1>です。
0228000.jpg

・とにかく初めてだから失敗オッケーでやってみようぜ
・やったことないことをいろいろやってみよう
・水の表現やってみたい
・小物もちょっと置いてみたい
・道路、地面、草もやってみたい

というようなことで始めました。


全体の寸法は15センチ×40センチです。

よくNゲージのカタログには
60センチ×90センチの「初心者レイアウトセット」
みたいのが載っているんですが、

スキル的に(図工2)ムリ
置く場所の問題
600×900の範囲でこぢんまりクルクル回る姿に萌えない

との思いを優先して、
「本棚に収まる寸法」ということで
150×400となりました。

実際、今は本棚に収まってます。
0228008.jpg


line001.jpg

モデルにしたのは、
名前の通り、因美線の用瀬駅付近です。
0228004.jpg

有名な 用瀬の雛流しをする場所 のすぐ隣です。
たぶん、もうすぐ雛流しの時期なので、
全国のニュースなんかでも映る場所です。

0228005.jpg
この場所は、
私が生まれて初めて鳥取に行ったときの思い出の場所の一つです。
0228003.jpg
東京を深夜に車で出発し、一晩中走って山陰に入り、
午前中を鳥取砂丘で過ごしました。

午後は鳥取駅に行って、
スーパーはくとに体験乗車をしました。
車窓の眺めで実に印象的だったのが、この河原の真っ白な岩肌でした。
0228001.jpg
そこで翌日はこの場所に向かい、
たっぷり時間をかけて川遊びをしたり、
石拾いをしました。
0228002.jpg

これがその時の戦利品
0228002.jpg

この時のことは ここ に

それが2008年のことなんですが、
ここは今は護岸工事をしていて、
ガッツリ風景が変わりつつあります。

残念な話ですよ全く。

付近の航空写真。
0228009.jpg
左に真新しい道路が見えていますが、
2008年にはこれはありませんでした。

まあ治水とか地元には地元の事情があるんでしょうけども、
年に何度も鳥取に観光に行っている外部の人間としては
キレイな自然の川をコンクリで護岸してしまうのは
残念なものです。


それはともかく、
再現したいのは
・この河原の白さ

・川にそってゆったりとカーブしながらこっちに向って来る感じ

・夏の河原の清々しさ



これです。

図工2 業界未経験 

のわたしにそれができるのか!?



↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:用瀬
posted by 七月年幡 at 12:52| Comment(0) | シーナリー01 用瀬

2014年02月27日

小物をおいてみた

ここにちょっと写っているんだけど
022700.jpg
せっかくなので道路になにかおいてみた


軽トラ
022701.jpg

っていうか道狭すぎw
崖だからねー

「置けた」だけで、
こんな状態じゃ
10センチだって前にも後ろにも動けないだろうなー


まあせっかくなので農婦もおいてみた
022702.jpg

路肩がなさすぎるので、
軽トラの運転席にたどり着くことすらできないけど・・・

022703.jpg

でも思ったより楽しくなった!

小物配置やべえ


line001.jpg


昨日、初めて、市内の大きな鉄道模型屋さんに行ってみた。

品揃えがいっぱいありすぎて
どうしていいかわからなくなった!

あれもほしい、これもほしい、ってなったけど、
キリがないので、
近々に必要な物だけに絞って買ってきた

家に帰ってきてよく考えてみると、
一番必要だった
<フレキシブルレール>を買うのを忘れていた!


初めて分岐レールを買った!
おおー と盛り上がったけど、
分岐を駆動するスイッチを買ってこなかったので動かない!


駅も買った!

分岐が1つしかないのに、
島式ホームと対向式ホームというのを買ったんだけど、
思っていたように配置してみたら思いのほか狭くて
島式ホームが置けなかった!

ぐぬぬ

適切な配置にしてみたら
思いのほか場所をとることが判明してさらにぐぬぬ

自作してちっさくすればいいじゃん!

って思ったけど、
それだといろいろ不都合が出るというか、
車両が通過するときに当たる!
ということもわかった!



↓ここを押すと捗るらしい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

posted by 七月年幡 at 10:03| Comment(0) | 天壌線(信甲斐路)